DHAとEPAの効果とは

DHAとEPADHAとEPAは青魚の脂に多く含まれる成分で、良く似た働きを持っています。どちらも血中コレステロールを下げる働きがありますので、血液をサラサラにするのです。動脈効果を予防したり、中性脂肪を減少させる事ができて、健康面でみてもとても優れた成分ですね。栄養素としてとてもよく似ていますので食品としても非常に摂取しやすいという点があります。それぞれに違った働きもありますので、EPAとDHAのどちらも含まれているサプリメントを摂取したり、魚を食べたりする事で、相乗効果を上げることができるでしょう。

'); define("P_END", '

'); ?>

グリーンランドに住んでいるイヌイットの人々は、ほとんどの人が心筋梗塞や脳梗塞にならないそうです。イヌイットの人々がいつもアザラシの肉や魚を食べていることが要因だという学説が発表されていますが、これはアザラシや魚に含まれるEPAの効果で血液がサラサラになっているからだとされています。日本人の子どもが知能が高いのは、魚を食べているからだという学説も発表されていますね。魚に含まれているDHAの効果によって、知能指数が高くなると言われているのは有名なのでご存知の方も多いと思います。現在も世界中から大変注目されている成分で、様々な研究が続けられ驚くべき効果がわかってきています。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>